片付けの天才

こんにちは、「片付けの天才」と呼ばれたいtamuraです。

昔から片付けが苦手ですが、片付けられた空間や整理されている状態が好きです。

レガートシップのワークスペースはいつも片付いています。

こちらもきれいに並んでおります。

毎日綺麗にしてくれている清掃担当に感謝です。

その昔、片付けが苦手すぎて読んだ本です。

気がつくと机がぐちゃぐちゃになっているあなたへ

詳細はこちら ←クリック

机の上はこんな感じでした。

当時はペーパーレス化したら仕事にならないって思っていましたが、全く大丈夫ですね。何事もやればできる!

時代は変わって今はパソコンが主な作業場所となっています。

こんなデスクトップが理想です。

この状態を保つのはなかなか難しいですが、気がつくとデスクトップがぐちゃぐちゃになっていないように、私が心掛けていることをいくつか紹介します。

資料を整理する

ファイルやフォルダの整理は自分のルールを決めておき、何も考えずにルールに従って整理できるようにしておきます。
・フォルダの整理に時間を掛けない、後々整理もしない
・基本的にデスクトップはファイル置き場として使わない、使う場合は一時的な利用に留める
・ファイル名は後々検索されることを意識して付ける
・フォルダは直感的に分かるレベルで放り込みやすいように大雑把に作っておく

タスクを整理する

カレンダーとリマインダーを活用してます。
会議やイベント、定期的なタスク以外でも、やりかけた仕事のメモや未来の自分へのメッセージなど、忘れそうなものはすぐにカレンダー登録してリマインドしてもらいます。

終わったタスクを「完了」にする儀式(チェックボックスにレ点を入れる、とか)があると、どんなちっちゃなことでも達成感に浸れるそうです。

優先順位を整理する

これは目標達成や夢の実現においてとても重要だって前出の本に書いてありました。「緊急なこと(期限が迫っていたり、時には期限が過ぎていたり)」が最優先であることは間違いないですが、それだと常に時間に追われてストレスなので、「好きなこと」や「楽しいこと」、「ワクワクすること」を混ぜ込むようにしています。

思考を整理する

頭の中を整理するにはとにかく書き出すようにしています。
こんな方法もありますね。
https://www.legatoship.co.jp/blog/?p=2117

evernoteやマインドマップなども便利ですが、私の場合はメモ帳(テキストエディタ)で十分です。
・すぐにメモります
・箇条書きで書き出します
・内容は雑すぎて誰にも見せられません
今書いているブログもメモ帳に書き出してから書いています。

オンとオフを整理する

リモートワーク環境が整いいつでもどこでも仕事ができるようになった反面、仕事時間とプライベート時間の切り分けが難しくなったと感じています。働き方は自由なので業後や休日にメールやチャットが入ることも少なくありません。そんな時は未読でスルーしておいて翌日内容をチェックします。(通知の時にある程度の緊急性は分かるので)

ちなみに簡単な仕事は次の日の始業用に残しておくと、単純な仕事をこなしているうちに脳や体が仕事モードに切り替わるから良いって誰かが言ってました。

これで毎日スッキリして仕事を開始できます。

こんな努力をコツコツ積み重ねて「片付けの天才」を目指して日々精進します。

ここまで書いておいて蛇足ですが、アインシュタインやスティーブ・ジョブズの机は散らかっていたとか。。

以上。

天才っていいな

天才は
誰もが目指せる
称号だ

DJダッキー

どーも、DJダッキーです。
自称天才と社内で言い続け早2年。。。
いまだに「天才ですね」と面と向かって言われたことはございません。
社員みんながシャイなんです!!!
(ダジャレっぽくなったので、ここでブログを終わらせたいww)

社員全員天才ってなんかいいな

この間スラムダンクを読み返したとき感じたことです。
桜木花道ってやっぱり天才だなぁと。。。
(1話のタイトルは「天才バスケットマン誕生!?」)
この漫画を知らない人にざっくり説明すると、

バスケ未経験の花道がバスケ部に入部してからの4ヶ月のお話

です。
未経験の花道も最終的にはインターハイ(高校の全国大会)に1年で出場して、
大活躍します!!!

つまり、このブログでは「全員、花道(天才)になれる!!!」ってことと
是非とも天才を目指そうよってことをちょっと書いていきます!!

花道な天才っていいな

花道は天才です!!
もちろん、誰もが真似できない身体能力を持っています。
しかし、身体能力にフォーカスして天才と言っているわけではないんです!!
なんてったって、「誰でも、花道になれる!!」って言っているので、
真似できない身体能力の話はしませんww

このブログでは『天才』の定義を次の2 + 1つとします

  1. 誰でもできることを、どんな時でもちゃんとできる
  2. 誰でもできることを、他の人より早くできる
  3. (誰もがめんどくさくてやらないことを、めんどくさがらずできる)

どうでしょう????
3つ目はおいておいて、上2つってできる気がしませんか?

みんなで天才になってバイバイバイ

1. 誰でもできることを、どんな時でもちゃんとできる
 花道は基礎練をちゃんとやるんです。
 文句を言いながらもちゃんとやるんです。
 そして、練習が試合でゴール+勝利という最高の成果に結びつくんです!!
 (あぁー、花道って天才だなぁって思います。。)

これって実はできているようで出来ないんですよね。。
理解しているし、経験もあるのにミスをしたり。。
仕事でも、プライベートでも。
だからこそ、できる人を尊敬しますし、その人を天才と称したいです!!!

2. 誰でもできることを、他の人より早くできる
 花道は未経験から4ヶ月の間に急成長して、他校の3年生や2年生と対等に渡り合えるんです。
 少なくとも花道の成長速度は目を見張るものがあります。
 (というかそういう描写がありました、3で後述する努力の量もすごいんですけどww)

この2番はわかりやすいですよね。
同じ仕事でも、人の2倍のスピードでできれば単純計算処理能力が2倍になるので。
それこそ、現代において個々人にしか出来ない仕事なんてのはほぼなく、
(積み上げた実績から生まれる信用があるなしはあるかもですが。。。)
誰もができることを誰かより早くやれる、それだけで天才と称してもいいと考えてます
 → 誰かの基準は人それぞれだと思いますけどねww

3. 誰もがめんどくさくてやらないことを、めんどくさがらずできる
 ふとしたきっかけで花道はシュート練習をすることになります。
 その時、花道は下記のように顧問の先生に言うんです!!
 「2万本で足りるのか?」
 (。。。すごいよなぁ)
 結果、2万本やり切ってあのシーンにつながるんですけど割愛....

これはまさに他人から天才って思われるときはこういうことが多いと思います。
他人から見たらめんどくさいことも、平気にやるんです、天才は。
天才からすれば、普通のことを普通にやっているだけなんですけどねww

この天才は目標にするにしても、険しいです。
そもそも「できること」を新規に見つけることが大変だと思います!!
見つけられたとしても、「社会のニーズ」と「できること」は一致してますか?
(できることはお金を稼げることですか?)

だからこそ天才より上2つの
「誰にでもできることを、早くちゃんとできる」
天才を目指していきたいなぁって思いますし、これなら出来そうって思いませんか?

ここまで読んでくださった方もぜひ、天才を目指してみましょうww
ではまた!!!