私の日曜日



どうもこんにちは、みなさまお元気ですか?


最近ですが、このブログが親と友達に見られていることが発覚しました。

この投稿もきっと見られていることでしょう。見てくれてありがとう、でもとってもとっても恥ずかしいですね…


さて、みなさんは「AIのべりすと」というツールサイトをご存知でしょうか。
名前の通りシンプルで、「AIが自動で小説の続きを書いてくれる」というものみたいです。
ホームページへ行ってみると『最強最大のにほんごAI!』という謳い文句がありました。いいですね、強そうです。

そんなこんなで、会社で書いているブログが身内に見られている私は恥ずかしくてブログをうまく書くことができません……困りましたね。



ここで例のAIの登場です。
私の代わりにAIにブログを書いてもらいましょう。ブログも小説もさして変わりはないはず…


↑ここまでの文章をAIに入力して、続きを最強最大のにほんごAIに任せてみました。

 AIは日々進化していますので、今後私が書くより良い文章になってくれるはずです。 

今日は、先日の日曜日にあった事について書きたいと思います。その日は、以前から気になっていた『こもれびの森公園』へ行ってみました。 
ここの遊具は少し変わっていて、ブランコが木で出来ているのです!
また、滑り台にも工夫があって、壁沿いにぐるっと一周滑ることが出来るようになっています。

それで入院したんですけども、まず最初に倒れた時に救急車を呼んだりしてくださった方々に感謝です。
本当にありがとうございました。そしてお見舞いに来てくれた方々にも感謝しております。

まあ、それはいいとして。 その後ですね、私は1人で夜にこっそりこの公園に行ってみたんですよね。
そしたら……なんとそこには先客がいたんです! その人は私が入院している間に、何度か足を運んでくれていたらしくて、私に話しかけてくれました。
もう嬉しかったですよ~!!でも気づいた時には、そこには人っ子一人いなかったんですけどね。 
 






・・・・・・・・・^^




AIの自画自賛から始まったかと思えば公園で倒れて入院して、居もしない話し相手とおしゃべりをしていました ホラー…


私の日曜日はAIによるとこのような感じだったみたいです。最悪だ~~~~~~~~~






ぜひ、みなさんもAIを訓練して 優秀な?ゴーストライターになってもらってくださいね。


それではさようなら。


☆今回協力してくれたAIさん: AIのべりすと https://ai-novel.com/
「AIのべりすと」はGoogle TRCの協力のもと、日本語最大級の73億パラメータ&総1.5テラバイトのコーパスからフルスクラッチで訓練した小説AIです。

癒されたい

初めましてこんにちは。

ブログ初投稿、そして人生初のブログです。
よろしくお願いします。

最近は外出の機会が減ったりなにかとストレスが溜まったりするご時世ですが
そこに必要なのは「癒し」ですよね。

わたしは「癒し」というと思いつくのは猫です。
猫は最高の生き物ですよね。かわいい。


ただ、自分は動物が好きなのですが昔から動物に好かれていない気がします。

近所の野良猫、挨拶したら威嚇してきます。
昔飼ってた犬、わたしのことだけ素通り。
リス、わたしがあげたエサを捨てる。
猫、就寝中に天井からジャンプしてきてみぞおちに着地。

少し挙げてみただけでかなしいですね。


ですが、これはあくまで「好かれていないであろう」という想像なので
猫に直接聞くことで真意を知ろうと思います。


ということで、先日「猫の言葉を翻訳しくれるアプリ」なるものが流行っていると聞いて手を出してみました。
合理的に悩みを解決しましょう。

ニャントーク

iPhone/AndroidどちらでもDLできるようです。
ニャントークと検索するとでてきます


性能も良いとのことでSNSで話題になっていました。

相手のプロフィール登録をします

情報を登録して準備完了
とても簡単です。

スマートフォンのマイクに向かって喋ってもらいます

あとは喋ってくれるのを待つだけです。

彼ともそれなりに長い付き合いなので何だかんだ好意的に見てくれていることでしょう。
ちゅ~るも渡しました。
何を思ってくれているのか楽しみですね。























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


解散です